サッカーの関東高校大会県予選は15日、計32チームが参加して昌平高校などで開幕する。決勝は30日、浦和駒場スタジアムで行う。上位2チームが関東大会(6月3日~5日・埼玉)に出場する。

 代表権争いは新人大会2連覇の昌平、同決勝で延長戦の末に逆転負けした前回優勝の正智深谷の2チームが有力だ。昌平は安定感抜群のGK緑川を中心とした失点リスクの少ない堅守と新人大会10得点中5点を挙げたFW佐相を軸とした攻撃で隙はない。初戦は新人大会と同じで浦和東。新人大会では2―0で破っているが、油断はできない。

 正智深谷は、1月の全国選手権に出場したために始動が遅れ、チームとしては未完成だが地力があ...    
<記事全文を読む>