4月に創立100周年を迎えた福岡高(福岡市博多区、1202人)が修猷館高(同市早良区、1282人)を招いたラグビーの記念招待試合が26日、春日市の春日公園球技場であった。両校の全校生徒や卒業生が駆け付け、雨で肌寒い中、熱戦を繰り広げる選手たちに声援を送った。

 福岡高の前身、旧制福岡中は1917年に修猷館の寄宿舎の一角で開校。福岡高は24年、修猷館高は翌年にラグビー部を創設し、競い合ってきた。この日は30年ほど続く恒例の定期戦を記念試合と位置付け開催。応援団の掛け声が響く中、けが人が出るほどの熱闘を見せた。福岡高が開始直後にトライを決めて流れを引き寄せ、35-0で圧勝。100周年...    
<記事全文を読む>