第18回全国高校選抜ラグビー大会第4日は4日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園で予選リーグの残りがあり、佐賀県勢の佐賀工は仙台育英(宮城)に47-8で快勝した。3戦全勝でHグループを1位通過し、8強による決勝トーナメントに進出した。

 佐賀工は前半3分、TB水間のトライで先手を取り、12-8で折り返した。後半はHB仲西のトライを皮切りに5トライを集めるなど相手を圧倒した。

 佐賀工は6日午前10時半から、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で準決勝進出を懸けて、石見智翠館(島根)と対戦する。

 ▽1次リーグ 「H組」佐賀工 47―8 仙台育英(宮 城)

...    
<記事全文を読む>