第18回全国高校選抜ラグビー大会第3日は2日、埼玉県の熊谷ラグビー場で予選リーグがあり、県勢の佐賀工は東海大仰星(大阪)を22-12で下した。

 佐賀工は前半に2トライを奪われるなど5-12とリードを許したが、後半はトライなどで追いつき、PGで逆転に成功。終盤もトライを挙げて突き放した。

 第4日は4日、同ラグビー場で予選リーグの続きがあり、佐賀工は仙台育英(宮城)と対戦する。

 ▽1次リーグ 「H組」佐賀工 22―12 東海大仰星(大 阪)

...    
<記事全文を読む>