ソフトテニスの全日本高校選抜大会(日本ソフトテニス連盟、全国高体連主催)は最終日の三十日、愛知県名古屋市南区の日本ガイシスポーツプラザで男女決勝があり、女子の部で三重高(松阪市久保町)が三年ぶり二度目の優勝を果たした。

 大会は二十八日から三日間の日程で行われた。2回戦から登場の三重は田村(福島)を3―0で下すと、3回戦で日大藤沢(神奈川)を2―0、準々決勝で札幌龍谷学園(北海道)を2―0、準決勝で明豊(大分)を2―0で破ると、決勝で広島修道大鈴峯を2―0で退けた。

...    
<記事全文を読む>