レスリングの風間杯第60回全国高校選抜大会の最終日は29日、新潟県の新潟市体育館で行い、120キロ級に出場した仲里優力(北部農林)が初優勝した。盤石に勝ち上がり、決勝も9―4で武藤(大分)を引き離した。仲里は「自分のレスリングができた。今年は国内の全タイトルで優勝する」と語った。◆目標「五冠」へ一歩 国内大会で優勝街道を突き進む仲里優力(北部農林)にとって、風間杯全国高校選抜大会の優勝も「一つの通過点」だった。28日の初戦をTフォール勝ちで発進、29日も3回戦から危なげなく試合を制した。頂点にも「良かったなって感じ」と冷静な言葉に貫禄が見える。

 国内敵なしの仲里が目指すのは優勝...    
<記事全文を読む>