全国高校選抜スポーツは29日、各地でホッケー、自転車などを行った。県勢は、ホッケー女子決勝に進んだ今市が1-2で丹生(福井)に惜敗し準優勝。3年ぶり4度目の優勝はならなかった。自転車男子スプリントは宇賀神怜真(うがじんれいま)(作新)が3位表彰台に上った。

 ホッケー女子決勝は、序盤から押され気味だった今市が前半17分、相手ペナルティーコーナー(PC)から先制点を奪われた。今市はその後も同点を狙って果敢に攻め込んだが得点にはつながらず、逆に後半16分に追加点を許した。その8分後にPCのリバウンドをMF柴田(しばた)ひかるが落ち着いて決めて1点差に詰め寄ったが、あと一歩及ばなかった...    
<記事全文を読む>