全国高校選抜大会は28日、各地で行い、剣道男子団体は水戸葵陵が4年ぶりに決勝に進出し、九州学院(熊本)に1-2で敗れ、準優勝となった。ハンドボール女子は水海道二が決勝に進出。重量挙げは女子69キロ級の佐川優佳(大子清流)が5位入賞した。空手は男子組手団体の東洋大牛久が準々決勝で敗退。自転車は男子1000メートルタイムトライアルの朝倉智仁(取手一)、女子スクラッチの原田萌花(同)がともに9位だった。レスリングは男子の県勢5選手が3回戦に駒を進めた。ソフトテニスの団体は男女とも2回戦敗退。アーチェリー個人の男女は2回戦までに姿を消した。

...    
<記事全文を読む>