全国高校選抜大会は28日、空手や卓球などを行った。空手の御殿場西が女子団体の組手と形で優勝した。男子は団体組手で3位に入った。卓球は男子シングルスで薮崎翔(清水国際)が準優勝。レスリング団体の沼津城北、剣道女子団体の磐田西がそれぞれ3位に食い込んだ。

 ■追い求めた 完全制覇 空手女子団体で形と組手を制する“完全制覇”を達成した御殿場西。細矢監督は「ずっと追い求めてきた目標。よく頑張ってくれた」とまな弟子たちの快挙に目を細めた。

 先に日本一を決めたのは形だ。リーダーの山田を中心に勝間田、鈴木の3人が息の合った演武を披露。今大会は決勝で選手が攻め手と受け手に分かれて技を実践する「分...    
<記事全文を読む>