全国高校選抜大会は27日、各地で10競技があった。重量挙げの男子85キロ級は松山騎士(県尼崎工)がトータル248キロで優勝した。同94キロ級の岡村幸尚(明石南)は2位、同69キロ級の木下恵汰(家島)と女子63キロ級の溝渕京香(三木東)はいずれも3位だった。

 重量挙げ男子85キロ級を制した松山は、大会階級別ランキングトップの実力を示した。スナッチで自己ベストタイの112キロを記録。トータル248キロで逃げ切り、「自信を持って臨んだ。力を出し、優勝することができてうれしい」と喜んだ。

...    
<記事全文を読む>