全国高校選抜大会は27日、川崎重工ホッケースタジアムのホッケーなど10競技を行った。ホッケーは男女準々決勝を行い、男子の岐阜総合が今市(栃木)を2―1で下し、ベスト4入り。2年ぶりの優勝を目指した女子の岐阜各務野は、丹生(福井)に0―2で敗れた。ライフル射撃は、男子エア立射60発の服部麗維(関有知)が7位入賞した。

 岐阜総合は、堅守からの速攻が決まり、何度もチャンスメーク。後半10分、MFの長崎隼人のゴールで先制すると、4分後にも1年のLW松清輝也がゴール前のこぼれ球を押し込み追加点を挙げた。昨夏の全国総体女子決勝と同カードになった岐阜各務野―丹生は、互いに中盤でボールを奪い合...    
<記事全文を読む>