硬式野球の全国高校女子選抜大会(全国高校女子硬式野球連盟、加須市主催、埼玉新聞社など後援)が27日、加須市で開幕。雨天のため加須市民体育館で参加23校による開会式のみ行った。大会は加須市民運動公園野球場で、4月2日までの7日間の予定。

 県勢は、18度目の出場になる前回優勝の埼玉栄と、同じく18度目出場の地元・花咲徳栄、初出場の叡明の3校。埼玉栄は1回戦で前回の決勝の相手、駒沢学園女(東京)と対戦する。叡明は室戸(高知)と初戦を争い、花咲徳栄は2回戦から登場する。

 開会式では、埼玉栄の蛭田菜月主将(新3年)と稲葉優日(同)が優勝旗を返還。履正社(大阪)の吉井温愛(はるえ)主将(同...    
<記事全文を読む>