日本拳法の「第21回全国高校選抜大会」(大阪日日新聞など後援)最終日は26日、大阪市中央区の市立修道館で男女個人を行い、男子は久根木寿輝也(東大阪大柏原)が2連覇を達成した。女子の大阪勢では彦坂あいか(大商大堺)と彦坂りさ(関西福祉科学大高)が3位に入った。

 大阪勢対決となった男子決勝は、久根木と冨永一希(関西福祉科学大高)が一本ずつ取り合って延長戦に突入。最後は久根木が抑え込みからの突きで勝利をものにした。

 女子は尾藤はるな(愛知・藤ノ花女)が頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>