全国高校選抜大会重量挙げは26日、男子53キロ級で上野大瑚(明石南)がトータル186キロで、同62キロ級は生頼啓暉(明石南)が同220キロでそれぞれ頂点に立った。

 重量挙げの男子53キロ級と62キロ級で、明石南勢が最後の試技で逆転。全国大会で初めて頂点に立ち、喜び合った。

...    
<記事全文を読む>