全国高校選抜大会は25日、川崎重工ホッケースタジアムのホッケーなど5競技を行い、開幕したホッケーは女子1回戦8試合を行い、高校4冠を狙う岐阜各務野が沼宮内(岩手)を14―0で下し、好発進した。

 岐阜各務野は開始直後に主将のRI足立依鞠のリバースシュートが決まるとゴールラッシュ。足立が前半だけで3得点するなど7点を奪って折り返し。後半も猛攻は止まらず、計14点を挙げ、高い攻撃力をみせつけた。2年FW岩田楓、期待の1年MF河合珠音もハットトリックを遂げた。

 東濃実は築館(宮城)と一進一退の攻防を繰り広げたが、互いにゴールを奪えず、0―0のままSO(シュートアウト)となったが1―2で...    
<記事全文を読む>