全国高校選抜大会ハンドボールは25日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸などで男女の2回戦があり、男子の川西緑台は浦和実(埼玉)に競り勝ち、ベスト16に進出した。

 ホームの大声援に後押しされ、ハンドボール男子に開催地枠で初出場した川西緑台が大きな一勝をつかんだ。部員の大半が高校から競技を始めた初心者ながら、積極的な攻撃と組織的な守備で流れを渡さなかった。

...    
<記事全文を読む>