全国高校選抜大会ハンドボールは24日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸などで男女の1回戦があり、男子の神戸国際大付はコザ(沖縄)に競り勝った。

 ハンドボール男子で近畿新人大会3位の神戸国際大付は、全国選抜大会に向け強化してきた積極策が功を奏し、2年ぶりに初戦を突破した。延長戦までもつれ込む接戦を制し、向井監督は「自信を持つよう言い続けてきた。この勝利は大きい」と、ほっとしていた。

...    
<記事全文を読む>