全国高校選抜大会は22日、愛媛県総合運動公園体育館などで4競技があり、佐賀県勢は新体操とボクシングの2競技に出場した。新体操は男子団体の神埼清明がトップと0・05点差で準優勝した。同女子の佐賀女子は9位だった。

 ボクシングは、バンタム級準々決勝に出場した西晃(高志館)が3ラウンド途中で相手失格により白星を挙げ、ベスト4に進んだ。初戦で準々決勝に臨んだウエルター級の成富丈一郎(杵島商)は判定(2-3)で惜敗した。

 県勢は23日、2競技に出場する。

 ◇新体操最終日(22日・愛媛県総合運動公園体育館) ▽男子団体 (2)神埼清明(川内、野口、松本、石橋、武田、八並)17・950点 ▽...    
<記事全文を読む>