全国高校選抜大会は20日、各地で5競技があった。柔道最終日は東京・日本武道館で男女団体が行われ、3選手の点取り戦で争われた女子団体で夙川(兵庫)が大成(愛知)を1-1の内容差で下して初優勝を飾った。兵庫勢の優勝は2006年の三田松聖以来。

 5人制勝ち抜き戦の男子団体は、神戸国際大付(兵庫)が3回戦で前年王者の日体大荏原(東京)に敗れた。

 ソフトボール女子は加古川市内であり、神戸野田(兵庫)は準々決勝の延長八回、タイブレークの末に3-7で千葉経大付(千葉)に敗れた。常盤(兵庫)は3回戦で飛龍(静岡)に0-1で惜敗し、8強を逃した。男子の滝川は準々決勝で競り負けた。
<記事全文を読む>