全国高校選抜大会柔道最終日は20日、東京・日本武道館で男女団体が行われ、3選手の点取り戦で争われた女子団体で夙川(兵庫)が大成(愛知)を1-1の内容差で下して初優勝を飾った。

 全国総体女子団体で優勝3度の名門夙川も、今大会での頂点は初めて。超高校級の先鋒(せんぽう)阿部が全5試合で勝利するだけではなく、後ろの2人も奮闘し、松本監督は「皆がやるべきことをやった。神がかっていた」と目を赤くした。

...    
<記事全文を読む>