全国高校選抜ボート大会は20日、女子ダブルスカルで本荘の佐藤理奈穂(2年)、五十嵐のどか(同)のペアが初の準優勝を飾った。昨年の国体で8位入賞の2人は「狙っていた優勝に届かなかったのは悔しいが、内容としてはこれまでで一番いいレースができた」と手応えを語った。

...    
<記事全文を読む>