全国高校選抜大会は19日、各地で競技を行い、相撲の団体で海洋が県勢として過去最高成績タイとなる準優勝となった。

 海洋の団体メンバーは先鋒(せんぽう)嘉陽快宗、中堅・中村泰輝、大将・高橋優太。決勝トーナメントの1、2回戦を危なげなく勝ち上がり、準々決勝と準決勝は先鋒戦を落とすも逆転で勝利。決勝は3連覇が懸かった埼玉栄と対戦し、0-3で敗れた。

 個人体重別には白根勢が出場し、いずれも初戦で敗退した。

 なぎなたは女子個人で五十嵐杏樹(新潟東)が3回戦に進んだ。

 柔道は男女の個人戦決勝までを行い、県勢は女子63キロ級の長谷川睦(日本文理)、同無差別級の星野百香(同)が16強入りしたのが...    
<記事全文を読む>