全国高校選抜大会は19日、各地で6競技があった。柔道第1日は東京・日本武道館で個人男女各5階級が行われ、女子52キロ級は2月のグランプリ大会を史上最年少の16歳で制した夙川1年の阿部詩が初優勝した。男子73キロ級は村上優哉(神戸国際大付)が準優勝。同60キロ級は神港学園1年の顕徳(けんとく)大晴が3位に入った。

 なぎなたは伊丹市内で開幕し、女子団体の近大豊岡(兵庫)と市伊丹(兵庫)はいずれも1回戦で敗れた。加古川市内で行われているソフトボール女子は常盤、神戸野田の兵庫勢が2回戦を突破した。

...    
<記事全文を読む>