決勝開始わずか21秒の袖釣り込み腰で、相手は見事に宙を舞った。柔道女子52キロ級を制した阿部は、ざわめく観客をよそに、涼しい顔で畳を下りた。

 大会前は「吐きそうなほど緊張した」という。2月末のドイツでのグランプリ大会を初制覇するなどシニアでの活躍も著しいが、昨夏の全国総体は初戦で反則負けし、高校年代の全国タイトルにはまだ届いていなかった。負けられない戦いを控え、「前日は寝られなかった」と明かす。

...    
<記事全文を読む>