柔道の第39回全国高校選手権は19日、日本武道館で開幕した。第1日は男女の個人戦各5階級が行われ、県勢は男女とも2回戦までに姿を消した。

 昨夏の全国総体で8強入りした女子63キロ級の茅根海(み)聖(さと)(鹿島学園)は2回戦で敗退した。男子66キロ級の岩崎彪(ひょう)(つくば秀英)、同無差別級の多田昌人(同)、女子48キロ級の荒川朋花(牛久)も2回戦で敗れた。全国総体女子70キロ級で8強の無差別級・長沼悦子(土浦日大)は初戦で敗れた。

 最終日は20日、同会場で男女の団体戦を行い、男子・つくば秀英は青森北と、女子・土浦日大は長崎明誠とそれぞれ1回戦で対戦する。
...    
<記事全文を読む>