相撲の第68回全国高校新人選手権を兼ねた全国高校選抜大会(日本相撲連盟、全国高体連、高知新聞社、RKC高知放送主催)が3月18日、高知市の春野相撲場で始まり、個人無差別級は納谷幸之介選手(埼玉栄)が優勝した。

  230選手(棄権5人)で争い、納谷選手は決勝で高橋優太選手(新潟海洋)を押し出しで下した。高知県勢では大塔昂貴選手(明徳義塾)が8強入りした。

...    
<記事全文を読む>