第39回全国選抜高校テニス大会(西日本新聞社など後援)が20日、福岡市で開幕する。開会式は今年から、市中心部の天神中央公園であり、選手の入場行進や組み合わせ抽選会も行われる。男女とも昨秋の九州大会で優勝し、県代表として出場する柳川のテニス部員たちは、リニューアルされて注目が集まる中での大会で、16年ぶり2回目のアベック優勝に燃えている。

 大会には全国から男女各48校が出場し、団体戦と個人戦で競う。毎年県内で開かれているが、今年からは大会を県民により親しんでもらおうと、開会式会場が例年の「博多の森テニス競技場」(福岡市博多区)から変更された。

 福井烈(つよし)氏や松岡修造氏など日...    
<記事全文を読む>