冬季競技を除く全国高校選抜大会が17日から各地で行われる。県勢は、北海道・東北予選会でフェンシング男子団体のフルーレ、エペ、サーブルを制した秋田北鷹に優勝の期待がかかる。

 秋田北鷹は、昨年の全国高校総体(インターハイ、IH)の団体(フルーレ)で3位。昨年のメンバー3人のうち、松渕真平主将(2年)、伊藤公(同)の2人が残り、さらにレベルアップしている。

...    
<記事全文を読む>