ダンス経験者と初心者の割合は半々。学業と部活動に懸ける思いも半々。“普通”の女子高生たちが、チアダンスの本場・米国で頂点に立つ強さの秘密は何なのか。全米選手権5連覇を成し遂げた福井商業高チアリーダー部「JETS」9代目の部員から見えてくるのは、具体的な目標を掲げ、それに向けて自ら考えて練習に励む姿勢だ。

 JETSはインターナショナル・チームパフォーマンス部門に出場。米の32チームから予選を突破した4チームと、日本の2チームが決勝に臨んだ。ポン、ヒップホップ、ジャズ、ラインダンスを連続して踊り、全体の構成や振り付け、視覚効果、一体感などを点数で競った。

 大会に同行した日本チアダン...    
<記事全文を読む>