岩国市錦見の岩国工業高校(岡邦彦校長、419人)では、機械科、電気科、都市工学科、システム化学科の140人が卒業を迎えた。昨夏の全国高校総体でハンドボール部、フェンシング部、弓道部などが好成績を残した同校。大学で競技を続ける選手たちは新たな舞台でのさらなる飛躍を誓った。 ハンドボール部は昨年、全国選抜、県内開催だった全国総体、岩手国体でいずれも頂点に立ち、初の3冠を成し遂げた。卒業生11人のうち、主将の栗栖昇己さん(18)とエースの徳田廉之介さん(18)が大学で競技を続ける。 徳田さんは筑波大に進学し、兄で日本代表の新之介さん=3年=と同じチームでプレーする。徳田さんは「...    
<記事全文を読む>