県内のほとんどの高校で1日までに卒業式が行われ、大会で活躍した高校生アスリートも新たなスタートを切る。大学や実業団などでさらなる飛躍を誓う主な選手たちの進路を紹介する。

 硬式野球は都城の右腕・山本がオリックスに入団。春夏2季連続で甲子園出場を果たした日南学園のエース森山は大体大で大学日本一を狙い、富島を初の九州大会に導いた捕手の木村は社会人野球のセガサミーで3年後のプロ入りを目指す。

...    
<記事全文を読む>