作陽高サッカー部の野村雅之監督(50)が4月から総監督となり、後任の監督にOBでファジアーノ岡山U―15(15歳以下)前監督の酒井貴政氏(28)が就くことが1日分かった。

 野村監督は1989年に同高に赴任。コーチを経て95年からチームを率い、卓越した指導力で2006年度の全国高校選手権で岡山勢最高の準優勝に導いた。08年には全日本ユース(U―18)選手権で4強入りし、日本協会公認のS級ライセンスを取得。14年ワールドカップブラジル大会日本代表の青山敏弘(J1広島)ら多数の教え子をJリーガーに育てた。昨年4月から同高校長。

 酒井氏は全国高校選手権の準優勝メンバーで、卒業後は高知大...    
<記事全文を読む>