ラグビーの近畿高校大会第3日は21日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で準決勝など4試合が行われた。第5代表決定トーナメント1回戦に挑んだ兵庫勢は、報徳が36-0で光泉(滋賀)を下した。報徳は23日の第5代表決定戦で天理に勝てば、全国高校選抜大会への出場が決まる。

 雨が降る中、早い時間に連続してトライを奪った報徳が試合の流れをつかんだ。後半は苦しい時間が続いたが、冷静に守って無失点で切り抜け、西條監督は「踏ん張れて失点がなかったのはよかった」と振り返った。

...    
<記事全文を読む>