ラグビーの近畿高校大会は21日、和歌山市の紀三井寺陸上競技場で準決勝が行われ、京都成章が19-12で東海大仰星(大阪)に競り勝ち、5年ぶりの優勝に王手をかけた。大阪桐蔭は28-12で大阪朝鮮高を逆転で下した。全国高校選抜大会の第5代表をかけたトーナメントでは、光泉が0-36で報徳学園(兵庫)に敗れ、本大会出場を逃した。

...    
<記事全文を読む>