ラグビーの近畿高校大会は19日、和歌山市の紀三井寺陸上競技場などで準々決勝4試合が行われた。京都成章が70-19で報徳学園(兵庫)に大勝して4強入りし、全国高校選抜大会(31日開幕・熊谷ラグビー場)の2年連続出場を決めた。光泉は0-63で東海大仰星(大阪)に完敗し、第5代表を決めるトーナメントに回った。

 京都成章は前半からプロップ成宮らの4連続トライで一気に差を広げた。後半もテンポ良く攻め、計10トライを浴びせた。光泉は11トライを奪われ、相手の堅い防御を崩せなかった。

...    
<記事全文を読む>