スキーの全国高校選抜大会ノルディック種目第2日は26日、長野県野沢温泉村で男女の複合と距離(クラシカル)が行われ、本県関係では公開競技の女子複合で村上優空(ゆら)(盛岡中央2年)が初優勝した。安代中(八幡平)出身の工藤稀凜(まりん)(秋田・花輪1年)は3位に入った。男子は谷地宙(そら)(盛岡中央1年)の12位が最高だった。

 女子複合には5人が出場。村上は前半飛躍(ヒルサイズ97メートル)92・5点で、トップ丸山希(長野・飯山3年)と4秒差の2位につけ、後半距離(2・5キロ)で丸山を抜き28・8秒差をつけゴールした。

...    
<記事全文を読む>