東北高校選抜大会などは11日、各地で卓球、ラグビー、バレーボール、剣道の4競技を行い、県勢は卓球団体男子の専大北上が予選リーグを5戦全勝し1~3位決定戦に進出、女子は大野が予選2位で4~6位決定戦に進み、ともに上位6枠の全国選抜大会出場を決めた。ラグビー1部の黒沢尻工は3位決定戦で青森北を29-7で破り、全国切符を手にした。

 バレーボールは男子の一関修紅が予選を2連勝で突破し決勝トーナメントに進出。剣道団体は女子の盛岡南が決勝トーナメントに進んだが、1回戦で秋田商に敗れた。

...    
<記事全文を読む>