3月26日に愛知県春日井市で開幕する第26回全国高校剣道選抜大会(全日本剣道連盟など主催)の男女団体戦に、県立白子高校(鈴鹿市白子)が出場する。1月の県高校新人大会で女子は優勝、男子は準優勝して出場権を獲得した。約40年前まで男女とも県大会で上位を占めていたがここ数年は低迷。今年26回を数える同大会への出場は男女通じて初。団体戦での全国アベック出場も初めてだ。関係者からは古豪復活を期待する声が上がる。

    ■ 女子は初戦から決勝までトーナメント形式で対戦。ベスト4決めで前年度優勝校の三重、決勝で昨年11月の県高校秋季大会優勝の鈴鹿を退けて初優勝を果たした。選手らは「チームワー...    
<記事全文を読む>