九州高校ハンドボール選抜大会最終日は6日、鹿児島市の鹿児島アリーナで決勝と第7代表決定戦があった。

 県勢は男子の雄城台と女子の大分がアベック優勝を果たした。両校は九州第1代表として全国選抜大会(3月・兵庫)に臨む。

 【男子】 ▽決勝雄城台 21―17 小林秀峰(宮崎) 【女子】 ▽決勝大  分 26―19 清峰(長崎)

...    
<記事全文を読む>