第66回全国高校スキー大会は第4日の5日、群馬県片品村で3種目が行われた。県勢は、距離の男子10キロクラシカルで坂木宥也(北村山)が30分20秒0のタイムで4位に入った。佐藤凌(同)が30分55秒0で8位となった。佐藤は前日の10キロフリーに続いて2日連続の入賞。  アルペン女子回転は、小田はるな(日大山形)が1本目70番スタートから15位に食い込んだのが最上位だった。入賞を期待された越後英美華(同)と雲野チェルシー(同)はともに1本目にコースアウトした。この1本目は雪面状況と旗門セットとも難しく、フィニッシュできない選手が相次いだ。距離の女子5キロクラシカルは森百花(北村山)...    
<記事全文を読む>