ハンドボールの全国高校選抜(3月・兵庫県)の東海地区予選を兼ねる東海高校選手権最終日は5日、鈴鹿市江島台のAGF鈴鹿体育館などであり、男子は愛知、女子は名古屋経済大市邨(愛知)が優勝した。県勢は男子の部で四日市工、女子の部で四日市商がともに準優勝した。

 四日市工は愛知に前半6点差をつけられ、後半競り合いに持ち込むも12―17で敗れた。四日市商は名古屋経済大市邨と互角の試合展開だったが一歩及ばず15―17で敗退した。

 東海高校選手権は東海4県から男女各2チームずつが出場して4日に開幕した。全国選抜には男子上位4チーム、女子上位5チームが出場できる。

...    
<記事全文を読む>