第66回全国高校スキー大会第3日は4日、群馬県片品村の尾瀬ほたか高原スポーツパーククロスカントリーコースなど3会場で距離、アルペン、複合を行い、県勢は距離男子10キロフリーで広瀬崚(雄山1年)が28分54秒2で準優勝した。同種目では前回大会で山下陽暉(南砺平3年)が準優勝している。

 距離男子10キロフリーには189人が出場し、5キロコースを2周して競った。広瀬は1周目のタイムで上位に付けると、2周目も力強く上り坂を駆け上がり、トップに迫る滑りを見せた。

 同女子5キロフリーでは、姉の悠(同2年)が18分0秒9で17位。複合に県勢で唯一出場した古谷友希(同3年)も17位で入賞を逃し...    
<記事全文を読む>