群馬県片品村のスノーパーク尾瀬戸倉で3日に行われた第66回全国高校スキー大会の女子大回転で、2年生の富井雪奈選手(長野俊英)が優勝し、1年生の横内真晴選手(飯山)が2位に入った。

 長野県勢が女子アルペン種目で1、2位を占めるのは、1987(昭和62)年の女子回転の山本さち子選手(長野中央=現長野日大)と白河三枝選手(白馬)以来30年ぶり。(2月4日)

...    
<記事全文を読む>