近畿高校空手道大会がこのほど、大津市であり、熊野が女子団体組手の部で5位に入った。3月に大分県別府市である全国選抜大会への出場は惜しくも逃した。

 熊野は昨年11月にあった県の新人大会で、組手と形の団体と個人の男女全8部門で上位に入賞し、それぞれ近畿大会への出場権を得た。

 近畿大会の女子団体組手の部には28校が参加し、1校5人によるトーナメントで競った。熊野は1回戦で夢野台(兵庫県)に3―1で勝ち、2回戦では有馬(同)に3―2で勝って8強入り。準々決勝では、大阪学芸(大阪府)に0―3で敗れた。近畿大会から全国大会への出場枠は5枠あり、熊野はベスト8で敗れた4校による代表決定戦に回...    
<記事全文を読む>