第66回全国高校スキー大会(インターハイ)は2日、群馬県片品村文化センターで開会式を行い、熱戦が幕を開ける。現地入りしている秋田県選手団は1日、宿泊先のかたしな高原ホテルで結団式を開き、健闘を誓い合った。

 結団式には選手のほか、監督、役員ら約75人が参加。選手を代表し、男子距離に出場する高畑弘也(花輪3年)が「競技できることの喜びをかみしめながら、最後まで諦めず全力で滑り抜くことを誓う」と宣誓した。

...    
<記事全文を読む>