駅伝の男子第59回、女子第23回徳島県高校新人大会は5日、鳴門ポカリスエットスタジアムを発着点とする鳴門大塚スポーツパーク周回コースで行われ、男子は徳島科技Aが2年ぶり3度目の優勝を果たした。女子は鳴門Aが3年連続9度目の頂点に立った。

 大会は参加校の減少に歯止めをかけるため、2015年から区間数と距離を短縮して実施している。オープン参加を含めて男子は12チームが5区間26キロ、女子は10チームが4区間14キロで争った。徳島科技Aの優勝タイムは1時間22分41秒、鳴門Aは48分59秒だった。

 ◎冷静なレース運び光る 徳島科技A [評]徳島科技Aがアンカー勝負を制して逆転優勝した...    
<記事全文を読む>