高校バスケットボールの第65回岩手・宮城対県選抜大会(一関市バスケットボール協会、河北新報社など主催)は11日、一関市総合体育館で開幕し、男女24チームが熱戦を繰り広げた。

 大会は岩手、宮城両県の高校新人大会で上位に入った中から、各県男女6チームずつがトーナメント形式で優勝を争う。初日は1回戦と準々決勝を行ってベスト4が出そろったほか、順位決定戦を実施した。

 12日の決勝は女子が午後1時半、男子が同3時に開始する予定。

 初日の主な結果は次の通り。

...    
<記事全文を読む>