バスケットボールの兵庫県高校新人大会最終日は6日、加古川市立総合体育館で男女の決勝などがあり、男子は育英が3年連続27度目、女子は須磨学園が8年ぶり4度目の優勝を果たした。

 育英は決勝で報徳に61-48で逆転勝ち。9点を追いかける後半に、小島や宮田らが得点を重ねて劣勢をはね返した。須磨学園は決勝で市尼崎を62-57で退けた。一進一退で迎えた最終盤に、石丸や神田の得点で抜け出した。

 男女の上位3校は18、19日に滋賀県で行われる近畿高校新人大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>