▽男子準決勝 藤枝東 1(0―0 1―0)0 清水桜が丘 ▽得点者【藤】曽根優(加藤) 【評】藤枝東が試合を優位に進めた。

 ポスト直撃のシュートなど、序盤から決定機をつくった。後半24分に左クロスを曽根優が合わせた得点を守り切った。

 流れを変えたい清水桜が丘は後半、2人を交代させた。1分に白井、2分に浅野と立て続けにシュートしたが、得点できなかった。

 ■守備陣「白井封じ」 藤枝東 藤枝東は組織的な守備で相手エースを封じた。準々決勝まで清水桜が丘の10得点中8ゴールを奪っていた白井を2人がかりで止めて仕事をさせなかった。

 後半13分にゴール前に抜け出されたが、ピンチはその1回だけ...    
<記事全文を読む>