第38回九州高校(U-17)サッカー大会は12、13の両日、佐賀市の県総合運動場陸上競技場などで決勝トーナメントを行った。佐賀県勢は県高校新人大会で優勝した龍谷が1回戦で東福岡に2-4で敗れ、4強入りはならなかった。

 龍谷は前半6分にDF森園友貴のゴールで先制。しかし追い付かれた後、後半に入ると立て続けに3失点。後半35分にFW矢上駿の得点で追い上げたが、及ばなかった。

 決勝は長崎総合科学大付が神村学園(鹿児島)を3-1で下し初優勝を飾った。■東福岡と渡り合う 県高校新人大会を初めて制して九州の舞台に臨んだ龍谷は、決勝トーナメント1回戦で東福岡に2-4で敗れた。太田恵介監督は「...    
<記事全文を読む>